仮想通貨」カテゴリーアーカイブ

Harbor – Polymathに追いつけるか

以前証券トークンプロトコルのPolymathを紹介しました。

同じ証券トークンプロトコルを掲げているHarborというプロジェクトがあります。Polymathとの比較を中心に内容を確認したいと思います。

 

共通点

  • プロジェクトで達成するものや達成の方法はほぼ同じで、重要な違いはない
  • 証券トークンとして取引されているものはまだない
  • 資金力は十分(PolymathはICOで58Mドルを調達、HarborはVCから38Mを調達)
  • 証券トークン取引プラットフォームとして有力なOpenFinanceとパートナーシップを締結している

 

 

Harborの優位点

  • Andreessen Horowitz, Founders Fundなどのシリコンバレーの有力VC、Pantera capital などのクリプト界の有力ファンドから出資を受けている。一方Polymathは有力なVC等の出資は受けていない
  • Harborのファウンダー&CEOは以前Yammer, Craft Ventures, Zenefitsを創業し、PaypalのCOOであった人物。残りのチームメンバーも豪華でスタートアップでのビジネス経験が豊富
  • 後発ながら、うまくプロモーションし、注目を集めるプロジェクトとなっている

 

 

Harborの劣位点

  • Polymathに対して後発であり、開発や証券トークンとしての認知度はPolymathに大幅な後れをとっている。Polymathは1年以上前ににEthereumメインネットでローンチしている
  • Polymathは、tZEROと強力なパートナーシップを締結している(tZEROはOpenFinanceより以前からあるプロジェクトで、まだローンチされていないがこちらも有力な証券トークン取引プラットフォーム)
  • Polymathのコミュニティは大きくアクティブなものである

 

 

Harborがこれからどれくらいのスピードで開発を進めていけるかと同時に、どちらにとっても規制当局とのコミュニケーションやマーケティング・プロモーション戦略が重要になりそうです。それ次第でHarborも十分追い越していけると思います。