ステーブルコイン」カテゴリーアーカイブ

Carbon – ステーブルコインの本命になるかも?!

担保なしトラストレスなステーブルコインとしてBASISを紹介しましたが、また新しいプロジェクトが出てきました。Carbonです。

2018年4月にクリプト界の一大勢力Digital Currency GroupやGeneral Catalyst, PLUGandPLAYなどのVCから2Mドル(約2億円)調達しています。

 

最近の分類では、①フィアットコラテラル、②クリプトコラテラル、③シニョリッジシェア(ノンコラテラライズド)というのが一般的なようで、担保なしトラストレスステーブルコインは③シニョリッジシェアに分類されます(ノンコラテラルのトラスト必要パターンもあるので、私の分類のほうがよい、とは思ってます)。

※シニョリッジシェア:通貨発行差益。政府・中央銀行が発行する通貨・紙幣から、その製造コストを控除した分の発行利益

Carbonドルとペッグされ、価値が1ドルとなるよう調整されます。

 

仕組み –BASISとの比較から

CarbonはBASIS同様、ステーブルコインの供給量をアルゴリズムに基づき調整することで、価値の安定化を図ります。つまり、ステーブルコインの価格が高くなった場合はステーブルコインの供給量を増やして価格を下げ価格が低くなった場合はステーブルコインの供給量を減らすことで価格を上げます。この供給量の調整をアルゴリズムに基づいてスマートコントラクトで行います。

Carbonの仕組みを理解するのにBASISと比較するのがよいと思うので、2つの異なる点について整理したいと思います。BASISについては過去記事もご参照ください。

2つの主な違いは、①システム内のトークンの種類②ステーブルコインの価格が下落した場合の回復スキーム③ステーブルコインの価格が上昇した場合のトークン配布スキームです。

 

 

①システム内のトークンの種類

  • BASIS…BASIS(ステーブルコイン)、ボンドトークン,シェアトークンの3種類
  • Carbon…Carbon(ステーブルコイン)、Carbon Credit(クレジットトークン)の2種類

 

BASISの方が、トークンが1つ多いです。BASISとCarbonはそれぞれのシステム内のステーブルコインです。ボンドトークンとクレジットトークンは需給調整に用いられます。つまりBASISのシェアトークンにあたるトークンがCarbonにはありません

この点、Carbonは、シェアトークンはシステム維持(ステーブルコインの価格安定)のためには不要であり、経済的に非効率となると指摘しています。確かに、シェアトークンはまさに株式のようなトークンで、システムの余剰資金が分配されることがありますが、資金調達したVC達の資金回収のために使われるのかな?という謎のトークンです。(BASISは大手VC などから100億円超の資金調達をしています)。

なお、クレジットトークンは取引所での取引が可能となることが想定されています。

②ステーブルコインの価格が下落した場合の回復スキーム

  • BASIS…ボンドトークンを1ドル未満の価格で売り出し、BASIS所有者がこれを購入することでBASISの価格を上昇させます。ボンドトークンはいずれ条件付きで、1BASIS(≒1ドル)で償還されることになっており、これがボンドトークン購入のインセンティブとなります。ただし本当に償還されるか、いつ償還されるかが不明というリスクがあり、適正購入価格の計算は困難です。
  • Carbon…Carbonでクレジットトークンを購入し、支払われたCarbonをバーンすることでCarbonの価格を上昇させます。将来Carbonの価格が1ドルを上回った場合には、価格低下のためにCarbonが配布されますが、その際追加のCarbonは100%がクレジットトークン所有者へ配布されます。これがクレジットトークン購入のインセンティブになります。

 

Carbonは、「BASISは1ドルにペッグされるべきだから、1ドル以下になったら将来1ドルで償還されるボンドトークンを購入するべき」という仕組みにしかなっていないと指摘しています(Vitalikも同様のコメントをしています)。

初期においてこのシステムを成り立たせるため、調達した資金をシステムの安定化に使用するとしても、1億ドルでは不十分であると考えられます(Tetherの24時間の取引は50憶ドル以上となることもある)。

一方Carbonは、Carbonをバーンすることで将来Carbonを得られるという明確なインセンティブがあると主張しています。クレジットトークンの販売はダッチオークションで行われるので、非常に高い価格がつく可能性もあります。

※ダッチオークション:通常のオークションと逆に、高い価格からオークションが開始され、一番初めに入札された価格での売却が決定する仕組み

また、クレジットトークンは市場でも購入できるようになる予定なので、裁定機会が生じるとしています。

③ステーブルコインの価格が上昇した場合のトークン配布スキーム

  • BASIS…BASISを配布する。配布したBASISはボンドトークンの償還にあたられます。このときFIFO(先入先出法)の考えで、先に発行されたボンドトークンから順に償還されます。ただしボンドトークンは発行から5年以内でなければならないと言う条件があります。ボンドトークンがすべて償還されてもまだBASISが1ドルより高い場合、シェアトークン保有者にBASISがプロラタで配布されます。
  • Carbon…Carbonを配布する。配布するCarbonは、クレジットトークン所有者にプロラタで分配されます。この分配は100%がクレジットトークン所有者に対して行われるため、これがクレジットトークン購入のインセンティブとなります。このアップサイドは理論的には無限です。

 

BASISに比べてCarbonはシンプルですね。Carbon自身もこの点をメリットと捉えており、投資とリターンの計算が容易になるためクレジットトークンの適正投資価格の判断が容易であるとしています。

 

その他

MakerDAOに対する優位性についてもコメントがありました。

MakerDAOのシステムは、膨大な量の担保を確保しなければならないため、運用とスケールのコストが非常に高い。担保率が20%の場合、1ドルの流通に対し5ドルの担保がロックされ、資産の利用効率が非常に悪い。

 

また、これはステーブルコインのシステムに影響を与えるものではないですが、Carbonはヘデラ・ハッシュグラフというDAGの改良版を採用しています。これにより高いセキュリティ、安価な手数料、トランザクションの高速処理が実現できるとのことです。

 

 

まとめ

BASISより良さそうですね。Ethereumエコシステムに入れれば本命になり得るかもですね。

Carbonは決済(価値交換の媒介)に使われるステーブルコインを目指しているようなので、今後提携等実用化に向けても動いていくのではないかと思います。引き続きウォッチしたいと思います。