DEX」カテゴリーアーカイブ

2018年はDEX元年となるか

ConsenSysで、DEX関連プロジェクトがまとめられた記事が出ました。

 

非常にたくさんのプロジェクトが記載されていて、やっぱり2018年はDEX元年!と思いつつ、特に注目したところは「オープンプロトコル」と「DEX普及の障害」です。

 

DEXのオープンプロトコル

DEXの普及を加速させ、流動性問題(後述)を解決するためにもプロトコルは重要になると考えています。プロトコルであるため「誰にでも」独自のサービスを構築することができ、さらに構築されたdApp同士が相互作用できることで、取引の流動性が拡大するなどのシナジーが期待できます。

DEXオープンプロトコルとして、取引所(0x等)に加え類似の機能を提供すると考えられるもの(Omise)などが挙げられています。

 

  • 0x:Ethereumブロックチェーン上のDEXのためのオープンプロトコル(既に公開されており、多くのrelayer、dAppsが存在。)
  • OpenRelay:0xプロトコルのためのオープンソースrelay
  • Lendroid:ERC20トークンのマージントレード及び空売りのための分散型貸付のオープンプロトコル
  • Enigma Protocol (Enigma Project):オープンなインフラとトレーディングツールを提供する、クロスチェーンアトミックスワップによるDEXプロトコル
  • Graphene (by @Bitshares):分散台帳をデプロイするためのソフトウェアプラットフォーム。DEXに特化しているものではない
  • OmiseGo:ウォレット、P2Pの交換、決済(fiat&暗号通貨)プロトコル
  • Snowglobe (by Alex Wearn, IDEX & Aurora DAO):完全に分散化されたDEXプロトコル。高パフォーマンス、EVM同等で、分散型子チェーンの取引所
  • Swap Protocol (by AirSwap Team):オーダーブックのないEthereum トークントレードのP2P プロトコル(開発中)

 

0xはかなり進んでいて、過去記事でも取り上げましたが、あまり知らないものもあり、特にSnowglobe (IDEX & Aurora)が気になります。Auroraのサイトを見ると”DECENTRALIZED CRYPTOBANKING AND FINANCIAL PLATFORM(分散型暗号銀行と金融プラットフォーム)”をうたっていて、結構壮大なもののようです。また調べたいと思います。

記事では、0xは最後にオープンプロトコルの採用へ向けて取り込む最高のプロジェクトの1つとコメントされています。

 

 

DEX普及の障害

DEX普及の障害として、①ユーザがDEXの必要性(中央集権型取引所のリスク)を認識していないことと、②技術的な理由が挙げられていて、②として以下が述べられています。

  1. ユーザビリティ:ユーザーフレンドリーではない(但し非常に解決しやすい問題)
  2. スケーラビリティ:ethereumネットワークのスケーラビリティに影響される
  3. 速度:ブロックチェーンでのトランザクションの承認に時間がかかる
  4. コスト:取引当たりの潜在的な高コスト
  5. 流動性:流動性がないためトレーダーが参加せず、流動性が増加しません。エコシステムの拡大により流動性を得るには時間がかかります。
  6. 完全な分散化:一部のサービスはオフチェーンのままでなければならず、完全に分散化することは困難(つまり、オンチェーンオーダーブックは高すぎてペイしない)
  7. フロントランニングリスク:マイナーは取引を確認することができるため、取引をプレビューすることができ、価格操作する可能性があります。
  8. インターオペラビリティ:クロスチェーンでの取引の必要性、より多くのブロックチェーン/ dappとの相互運用性が必要
  9. アクセシビリティ:ボラティリティを下げるため価値の安定したトークン、もしくはFIATとの統合が必要

 

この中で4, 5, 9のハードルが高いと思っています。

5の流動性は記事でも”鶏と卵の問題”とされていて、参加者が集まるトリガーが必要になると思いますが、それがまだないですね。プロトコルの広まりを期待したいです。9はDAIが今のところ有望ですかね。

 

記事には、個別のDEXも多く記載されています。

多くのプロジェクトがありますが、「最終的には、DEXはそれぞれ独自のメリットを提供し、共存すると信じています」とあり、多くのDEXが広まっていくのが楽しみです!